住宅ローンの審査の仕方(個人信用情報中心)

住宅ローンの審査の仕方の話です。
ほとんどの金融機関で似通っていますが、少しの違いで審査が「通る・通らない」が変わってくる事が比較的多くあります。
場合によっては、「針の穴を通すような住宅ローンの審査合格」も考えられますので、一つの銀行で審査が通らなかった場合でも簡単に諦めないでください。

住宅ローンの審査の査定として個人情報・個人信用情報が大切な判断材料となります。

個人情報では

・勤務年数
・年収
・仕事柄
・世帯構成
・年齢
・既存の借り入れ額

が重要な判断材料になります。
審査の段階でこれらの情報の開示を求められ、相談表に記入しますが、必ず嘘・偽り無く記入してください。
ここで嘘をついては、個人の信用を失いかねませんので注意して下さい。

個人信用情報では

・既存の借り入れの履歴(今までの返済の仕方・延滞歴等)
・既存借り入れの額
・個人の属性(他人の保証人になっていないか等)
・時には、健康保険の払い方(延滞歴)

等、今までの「過ごし方の部分」がどのようになっているかを金融機関で調査します。

これらの情報から総合的な判断を金融機関(保証会社等)が判断し、今回の融資をすべきかどうかの結論を出します。
それが住宅ローンの審査です。

まず今回は、信用情報の話です。
個人信用情報の内容で「融資が出来ない」という結論が出てしまった方も多く見てきました。
その方たちの多くの問題は、既存借り入れにありました。

既存借り入れの総額や返済額については、融資の可能・不可能に大きな影響を与えません(融資の限度額には大きな影響がありますが・・)。
どちらかというと、今までの借り入れに延滞があるかどうかが、信用情報に響きます。
この延滞は、借り入れをしていた金融機関が「返済事故」として扱った場合、個人信用調査会社(CICやCCB等々)のリストに情報が載ります。いわゆるブラックリストです。

また、この他にも事故扱いとならなくても、各金融機関で延滞歴等はチェックしており、その金融機関内でのブラックリストも存在するようです。
この場合には、その借り入れをしていた銀行では融資の否決となる可能性が非常に高くなっておりますが、意外と他銀行ではすんなり融資が通る可能性が有ります。

個人信用調査会社にリスト入りしてしまうと、ほとんどの金融機関で融資不可の状況となり得ます。
ほとんどの銀行の保証会社は、信用情報を確認する際に、大手信用会社に尋ねるので、同じ情報を各銀行で共有しているのと同じ状況になっています。

しかし、信用調査の機関は金融機関によって若干の違いはあります。
また、情報が同じでも判断が違うケースも考えられます。
(そのため、銀行1社で諦めないでください。)

基本的に既存の借り入れの有り無しも信用情報には載っています。
きっちりと延滞無く返していれば、逆に信用は高くなっていきます。
(ローンの利用限度額がアップしていくのもこのためです。)

この借り入れの返済が終わっても、まだすぐには情報からは消えません。
通常ですと1~3か月後に情報から削除されるようになっている様なので、もし住宅ローン借り入れの前に完済した場合は「完済証明」若しくは「完済証明に変わるもの」を用意して、住宅ローンを借り入れる金融機関に持ち込みましょう。
そうしないと、既存借り入れ有りとみなされるケースが多いです。

ブラックリストの場合、今まではリストに載ってから10年間とか7年間は「情報から消えない」と言われてきましたが、最近では5年間という説が一般的です。

以前、「返済に失敗してしまった」という方で、すぐにでもマイホームローンを借りたいという方は、一度住宅ローンの審査に掛けてみて良いと思います。
その時は、大きな期待は持たずに(持ってしまうと後が辛い・・)、半信半疑の気持ちのままでいて下さい。
そして、通ったら喜んで下さい と同時に同じ過ちを繰り返さないようにして下さい!
住宅ローンの延滞は、その他ローンより厳しいと言われています。
絶対に! 一生懸命に仕事して、リストラなんかにあったとしても負けないで稼いでください!
それが、幸せへの道だと思っています。

審査が通らなかった場合は、もう一つ位、別の機関で審査をしてみて下さい。
お勧めは、国の機関である「フラット35」です。

個人信用情報が駄目で審査が通らなかった」とは、金融機関は言ってくれません。
そのため、何が原因かわからないのです。
フラット35は国の機関である事もあり、あまり職業とか、年齢とか、勤務年数に対して差を付けないのです。
危険な職業離職率の高い職業の場合、銀行の審査が厳しくなる事が多いですが、フラット35はほとんど気にしないです。
一度審査をしてみる事をお勧めして、それでも通らなかった場合は、5年間経過するのを待ってみるしかないかもしれません・・・。

一般銀行の場合、個人事業主の方も会社の安定感の面で通りにくいケースもあります。
審査も厳しく、国民健康保険の支払の延滞等も、審査に加味するケースも多いです。
「年間払いで無い」というだけでも疑われる事もあります。

個人事業主の方で住宅ローン審査が通り難かった場合は、スルガ銀行・郵貯銀行がお勧めです。(もちろんフラット35もお勧めです。)
スルガと郵貯は基本同じです。
申告所得外の「実際の収入」を見て判断してくれます。
(ただ、延滞には厳しく、ローン・国保の延滞歴は見逃されません。)
大雑把に言いますと ”通帳の記帳を元に判断してくれる” ためどのくらいの収入があるのかを所得証明などの公的証明以外で判断してくれます。
ケースによっては、ピッタリ当てはまる方もいらっしゃると思うので是非、利用してみて下さい。(見るだけは当然無料です。

スルガ・郵貯銀行ホームページ

楽天銀行住宅ローン【フラット35】

CICやCCB等の信用調査会社から、直接情報を取る事も出来ます。
確か1,000円位お金は掛かります。
取ってみて情報を見ても、意外とわかりにくいですし、それで銀行の判断がどうなるかもわからないので、やはり事前審査をしてみる事をお勧めいたします。

ローンの審査は簡単なようで意外と複雑です。
いろんな金融機関でたくさんの回数の審査を掛けると、これも個人信用を無くすようです。(個信を共有しているためわかってしまうのです・・・
3回迄が一つの目安の様です。4回目というだけで ”お断り” の金融機関もあります。

ローンについては、まだまだお話する事が多いので、また改めて、書き込み致します。

タイトルへ戻る ↓ クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">