基礎の高さ

質問

基準法で300mm、フラットや長期優良では400mmとなっていますが
例えば1面道路で奥行きの長い敷地で外構仕上に土間コンを打ち、
最奥から道路側に向けて水勾配を取ると水上で基礎高400mmを確保させると
1%勾配でも道路側の玄関間口側まで10Mあれば500mm確保させなければ
ならないことになるかと思いますが、このように設計基礎高さは最後の外構仕上げを考慮して
シビアに決めているものなのでしょうか?
建売などの申請図面では400mmの寸法が入ったものしか見たことがないのですが。
図面上は400mmでも現場では外構の仕上シロを考慮して監督がプラスα高さを見込んで決定するのですか?

回答

通常は長期優良住宅でも、外構の仕上げの考慮はせず、あくまで現状地盤面からの高さ設定としています。

ただし、(外構にて土間コンクリート仕上げをしないと考えても)水勾配を取ってある敷地での検討の場合、
土の状態でも斜めになっている場合は、基礎高の低い方で400mmの高さを取るのが基準です。

そう考えると、1%勾配のついた敷地では、基礎高は高い方が500mmとなります。

しかし、意外と細かい確認はされませんので、400mm以下でも平気(検査合格)な場合が多くありますので、気にし過ぎなくても大丈夫かと思います。

お礼

ありがとうございます。

この規定上の地盤面の高さは仕上げ土間コン天ではなく設計GL位置と言うことなのでしょうか?
コンクリートを打たない地盤面状態の場合は水勾配自体をとる必要がないので
有効高さに合わせて地盤面で仕上てやればいいのですがコン打ちする場合に迷います。
法やフラット仕様の本来の目的は有効寸法で考えるのが自然だと思うのですが
実務においてはあくまで設計上決めた地盤面からの規定高さがあれば
外構仕上げコンは考慮しないと言う立場なのでしょうか。

>しかし、意外と細かい確認はされませんので

そうなんです。
なのでいつも迷います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">