雨水浸透桝と、溢れた雨水の処理

質問

この秋に、新築の着工を予定している者です。
地元HMの注文住宅です。
土地は、街はずれの田んぼを埋め立てて70~80坪くらいの数区画に造成された場所で、約1m幅の浅い用水路に橋を渡す形で、市道に隣接しています。(市道は殆ど交通量なし)

今回質問させていただきたいのは、雨水の処理についてです。

雨水は、屋根の雨どいから壁際のパイプ内に導かれ、そのまま地中に入ったパイプを通して、雨水浸透桝に直結される予定です。図面上では、雨水浸透桝は建物から1mくらい離れた場所にあり、家の周囲に合計5か所の浸透桝があるようです。

HMの方に聞いたところ、大雨などの場合には、浸透桝から水が溢れる可能性はあるとの事です。
それなら、雨どいからの排水を、浸透桝ではなく、直接、下水道や用水路に導いて放流できないのかと聞いたところ、それはやってはいけない事になっているとの事で、どうしても浸透桝の設置は止むを得ないようです。
それは良いとしても、大雨で浸透桝から水が溢れだした場合、何もしなければ浸透桝付近だけに異常な水たまりが出来たままになってしまいそうな気がします。
そこで考えたのですが、浸透桝から溢れた水を地表に掘った溝などに集めて、うまく土地脇の用水路に導くルートを、手作りか外構工事かで作りたいと思ったのですが、それは有りなのでしょうか?
それとも、あくまで溢れた分は地表での自然な流れで何処かに流れて消えていくことになっていないといけないのでしょうか。

広い屋根で受けとめた雨水を、たかだか5か所程度の浸透桝に集めた時点で、すべてを地中に浸透させられるのか・・・、どうしても実感がわかないのですが、皆様方のお宅では、お困りではないでしょうか。

回答

あまり大きい声では言えないのですが、後から流す手もありです。(ごめんなさい、ちょっと違法ぎみです)

雨は自然に降るものですし、元々用水路にも雨は入ります。屋根に降った雨水をどうするのか!?と言う話だけなのです。用水路に「接続」となれば許可が出ないとなりますが、用水路手前5センチに宅地内浸透させるイメージなら全部用水路に流れます(笑)。

建築許可は今は完了検査があるので、その前はマズイかもしれませんが、その後に法に触れない程度の対策は十分可能と思います。(責任は持てませんが…笑)
出来るだけ気持ち良く過ごせる環境で暮らして下さい!

お礼

ありがとうございます。

さすがに違法な事をするつもりはございませんが、単純に、同じ境遇の皆さんがどうされているのかな、、と思いまして。
手前5cmも違法ではないけどほとんど違法と思われても仕方ないのであれば、そこまでの事はないと考えています。

果たして浸透桝という条例が無意味でバカなものなのか、それとも条例がバカなのが分かっていて皆さんが常識的に同じような排水経路をしているようなものなのか、もう少し知りたいと思います。

模範解答(私の回答ではありません

自治体によって、指導が違います。

東京の23区には雨水を宅地内処理せずに道路側溝へ排水する区もありますが、国の指針で雨水は宅地内浸透処理が原則です。
下水道の整備状況でも分流と合流があって、合流方式は雨水も一緒に放流していいとするところもあります。

市街化区域においては、
浸透処理が間に合わず、オーバーフロー分を道路側溝へ排水管を接続してよいとする地域もあります。

市街化調整区域では、単なる浸透桝ではなく砂利でトレンチという処理槽を掘るところもあります。
土地が広いと開発行為でそう指導されるケースはあります。

法律での約束ごとはそうしたことによります。
しかし、実質的に戸建て住宅で敷地に降った雨水をその敷地内から出さない措置をしろとは言及されていません。
浸透桝が5箇所の設定というのは、竪樋の位置によるものだけで、雨水の浸透量を算出して設定したものではないと思われます。
溢れても“雨量が多いからしょうがないか”くらいの気持ちじゃおさまりませんかね?

水路というのは、水利組合が管理します。浄化槽からの排水にしても組合長の承諾が条件でもあるんですが、こと雨水だしね。あからさまにU字溝設置して放流の形態でなく、自然に流れ込んでしまったようにする以外ないでしょう。おそらく水路敷きに面している家は塀の下の方に穴が開いてたりしています。
実際、大雨で溢れてから考えてもいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">