2013年10月から2014年3月の間に家の契約をした場合の住宅ローン減税やすまい給付金

質問

2013年10月から2014年3月の間に家の契約をした場合の住宅ローン減税やすまい給付金の扱いについて

家の新築を計画しています。10月1日に正式に消費税増税とそれに伴う住宅ローン減税の拡充やすまい給付金の支給などが取り沙汰されていますが、ニュースなどで見るとそれが当てはまるのは「2014年4月以降に住宅を購入した場合」となっています。
現在予定している家新築のスケジュールは土地の購入タイミングなどから2013年11~12月にハウスメーカーと契約、2014年4月以降の引渡しなのですが、この場合当然消費税は8%の契約となりますが、住宅ローン減税の拡充やすまい給付金等増税対策の各種補助を受ける事が出来るのでしょうか?色々と調べていますがこの点については未だに未公表なのか、私がそれについての説明書きを見つける事が出来ないだけなのか分かりません。この点についてどうなるか、もしくはこれについてネット上で説明してある場所をお教え下さい。

回答

消費税が8%での対応となった方は対象となります。
万が一、3月中に引き渡しとなれば5%での対応となるため受けられません。

住宅は引き渡しの日を対象に、「買い物」に該当する形となったようです。

年収(実際には所得割額)によって給付額が変わるので給付金のホームページから「簡単シミュレーション」をした方が良いです。

また借入の額・年収によってですが、ローン減税による控除も幅が広がりました。これも8%以上となった方が対象となっています。

お礼

回答ありがとうございました!ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">