農転申請費用について。

質問

農転申請費用について。

実家の敷地の一角に新築する予定です。
田舎なので敷地は広く、昔は農業をしていたので農転申請が必要です。

この費用ちょっと高い気もしますが、内容からすると適正価格なのでしょうか?
皆様のご意見をお聞かせください。

土地は880㎡で500㎡までしか許可が降りないようです。
土地は県道と農振地域の田んぼ(隣の方の土地)に接しています。
【内訳】
・資料調査・事前調査 50000円
・現況平面 100000円
・境界確定測量 150000円
・道路境界協定 200000円
・農地転用許可 250000円
・土木事務所協議等 50000円
・文筆登録申請 100000円
・消費税 45000円

合計945000円

測量事務所を変えたらもう少し費用が抑えられるものでしょうか?
工務店からは兼ねがね400000円位と言われていたので、倍以上の金額にビックリしています。

どうぞご意見をお願いします。

回答

今は「分筆」時に回りの境界確定、道路境界確定が必須です。
分筆が完了次第、農地転用申請に移っていくわけですが、今回の申請地は農振地域ではないですよね?
無い前提で話を進めさせて頂きます。
いくつか、余計な金額が入っている様に思えます。

分筆の申請は作業内容(立ち合いの件数)、杭の本数、等により決まり、最後に申請の際に登録免許税が掛かります。
締めて、(税込で)40万円位です。
農地転用申請(測量事務所の仕事では無い気がします。)は、通常、設計事務所や行政書士に依頼しますが、多くても10万円位が妥当な金額です。もしかしたら、測量事務所が中間マージン取得して、知り合いの行政書士に依頼しているかもしれません。
ここで、もしかするとなんですが、敷地が調整区域で29条申請(開発行為の許可)等がありませんか?
事前調査・土木事務所協議というものがあったので・・・
この29条申請があったとすると、結構大変な申請になるので、25万円位加算します。(多くてもこの位です!)
よって、多くても75万円。
29条申請が無ければ、50万円位が妥当な気がします。
排水の許可(土地改良区)等もあるのかもしれませんので、一概には言えませんが、ちょっと高めな金額です。
依頼先を変更してみる価値は十分ありそうです。

補足

農振地域ではないです。

ちょっと複雑な土地でして、元が農地だった所に祖父の代で自営を始めました。
なおかつ、県道整備のため土地の買収があったりで、筆もかなり細かく分かれてます。

そして最大の問題が、建築予定地に県道からの排水マスと直径60cmの排水土管が埋設され、一級河川まで流れてます。
建築予定地は山→県道→敷地→河川と順に高い傾斜地です。
この排水土管が埋設された敷地を県の土木で買い上げて敷設し直したいと要請されてます。
その交渉の助言費用も含まれているようです。

ちなみに農転用地第5条許可と見積に記載されてます。

やはり少し高すぎるのでしょうか。。。
土木とのかなり腰の据えた交渉になるようで、土木で新しい予算を組む場合来年3月以降までかかるようです。
其の辺の費用も組まれているのでしょうか。

うまく交渉して
・境界確定測量 150000円
・道路境界協定 200000円
の部分は土木で申請を行ってもらうよう交渉する予定だと測量士さんが話してました。
そうして60万くらいに抑えたいと話してました。

追記

補足をみさせて頂きました。結構、複雑な土地なんですね。
それでも調査・協議の費用は「手間代」ですし、分筆・農転の費用にも手間代が入っています。
既に土木との協議に入っているとすれば業者の変更は話がまとまり難くなります。
29条申請がないとすれば20万位の値引きをお願いしたいところです。
29条あったら妥当かも…です。(それでもちょっと高いです)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">