新築戸建で 1階と2階の間に 断熱材を入れていないのは 普通でしょうか。

質問

新築戸建で
1階と2階の間に
断熱材を入れていないのは
普通でしょうか。

一般的には外気に触れる部分である
床下や外壁とボードの間、天井裏などに
必要だと聞きますが、
実際のとこはどうでしょう。

回答

通常、あまり入れないのですが、音に関しては多少緩和されるため、入れる人もいます。

ただし、外壁面や屋根裏、床下の様に換気対策が施されていない部分(1・2階の間や部屋内部の壁)に断然材を入れる事は、湿気対策が気になります。

なので、あまりお勧めしないはずですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">