金銭消費貸借契約書の書き方について教えて下さい。

質問

金銭消費貸借契約書の書き方について教えて下さい。
第1条【金銭消費貸借契約】
甲は、乙に対し、本日、金〇〇〇〇万円を貸し付け、乙はこれを受領した。

第2条【返済期限・返済方法】
乙は、前条の借入金〇〇〇〇万円を、平成〇〇年〇〇月から平成〇〇年〇〇月まで毎月末日に金〇〇〇〇円宛〇〇回に分割して、甲の指定する金融機関に振り込んで返済する。

第3条【利息】
利息は年〇〇パーセントとする

この第2条の毎月返済の金額の書き方がわかりません。
分割した金額を書く事はわかるのですが、元利均等返済の場合は元金を分割した金額なのか 元金+利子を分割した金額なのかがわからなくて困っています。
詳しいかた教えてください。

回答

元利均等返済は元金+利子を足した返済方法ですが、毎月の元金の返済を引いてから利子を出します。そのため全ての月数計算も必要になります。

金利は年利計算で良いですが、電卓での計算はほぼ無理だと思いますので「ローン電卓」がお勧めです。

若しくはパソコンのExcelにてローンの関数を引いてコンピューターに計算してもらうと良いですよ!

全計算はこんがらがります(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">