住宅の間取りについて ~品評2~

まだまだ” 全く ”人気は無いですが、もう少し書き続けてみようかと・・・
第二回の間取りの品評会です!!

今日のお届けは、「オーソドックス・二階建て」がテーマです。
すごく良いんです!  色々な面で!
外観はシンプルですが、シンプルイズベスト  (っていう方多いですし)

madorisyu272[1] - コピー (2)1階    madorisyu272[1] - コピー2階

1階にリビング以外にもう一部屋あって、LDKが一体になってつながっているタイプです。
もしかしたら、新築家屋の8割がこの形!(・・・かなり嘘です。
というぐらい、流行っている間取りです。
本気で4割位の割合はあるかもしれませんよ。

だいたい、新築戸建を計画する多くの方々は、「単世帯・子供が小さい」というケースが多く、
現在、又は近い将来の家族構成を想定した間取りを造ります。
もちろん、それが正解にはなるのですが、 「」 を忘れがちです。

色々な折り合いの関係上 「親の世帯とは分ける」 家庭が増えており、
喧嘩  や嫁姑問題  を避ける上では正解かと思います。

しかし、「両親」が健在であれば、これでも良いのですが、やはり人間の営み上、
「死」 はいづれやってきます・・・。
そして、同時に両親共に旅立たれる事は避けたいですし、そうはまずならないでしょう。
そんな時、この「リビングと離れた和室」が役立ちます。

介護にしても、自宅に引き取る事を考えると、1階に単独の1部屋は望ましい造りです。
もちろん、長男・次男、長女・次女等々、立場や環境によって違いはあります。
少しだけ親の事を気にとめてあげて、プランを練ってみるのも一つの考え方かと思います。

そして、LDKがつながっているこの形が、子育て世代には人気があります。
対面式のキッチンにすることで、子供がリビングで遊んでいる様子をチェック しながら、
家事をする事が出来るためです。
また、食器洗い等のちょっと億劫な仕事をしている時に、TVが目に入ります。 うれしい
ダイニングで子供が勉強している時も、会話が出来ます!!
ソファで寝転がっている、夫の様子もチェックして、用事を頼む事が出来ます

家族のコミュニケーション」が生まれるつくりなのです。

今回添付の画像は「総二階」ではないのですが、(適度な間取り集が無かったので・・・
総二階の建物は、造りに無駄が出ないので、安価に!強固に!出来上がります。
屋根の形もシンプルが一番、雨漏れの心配なく過ごせます。
また、四隅に通し柱がバランスよく設置出来ますし、構造的にも優れているのです。

良い事多いですよね。

” 参考までに ” 検討の一つの材料にしてみて下さい。
また、書き込みしてみます。
もし、一票、頂けるのであればランキングのボタンを押して頂けると幸いです・・・・。
それで、今後の方針を決めていこうと考えております・・・・。

 

 

 

タイトルへ戻る ↓ クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">