建物の内装

内装はもちろん住宅設備だけではありません。
内部の壁紙やフロアも大事な設備品です。
今日は、その内装の一部の話をさせて頂きます。

まず、床材ですが、一般的にフローリングが多いです。
その他では、コルク、絨毯(マンションに多い)、タイル等も考えられますが、ほとんどがフローリングです。
ダニの発生も無く、耐久性においても、優秀な素材だと思います。

フローリング

←MDF素材

フローリングの中でも、無垢の素材や、ベニヤとの合わせ、MDF素材で表面の無垢張り等々かなりの種類のフローリングが有ります。

無垢の中でも、木の材質は様々で、色合いや木目もそれぞれに違いがあり、これらの大量の素材の中から、一つを選ぶのは至難の業です。
また、竹の無垢材等、珍しい素材も存在します。
大雑把に言いますと、「無垢」と「その他」かと思います。(大雑把過ぎますが・・・

無垢材の場合、質感が非常に良く、見た目と触わった感じも、木のぬくもりを感じる事が出来ます。
予算的に許されれば、選択肢に入れたい項目です。
デメリットとすれば、変形の多い材料と言う事かもしれません。
物を落とした時の傷跡もその一つです。
また、湿度・温度の変化による収縮も多く、住んでいく中で反り・うねりもあり得る素材です。
それも、無垢の良い所という方も多いです。
無垢を使用した場合は、そういうものだと思って付き合っていく必要があります。

無垢材以外のフローリングでも、最近は表面のプリントだけでなく、薄く切った無垢材を表面に貼り付けてあるものもあり、見た目も遜色ないです。(表面プリントも技術の進化によりレベルアップしています。画像のフローリングがこれです。)

これらの多くのものの特徴としては、変形が少ない事が挙げられます。
表面の傷のつきにくさは無垢と比べるとかなり差が出ます。
また反りも出にくく、長い間、新しさを感じる事が出来ます。
費用面も無垢に比べ安価です。

一長一短、それぞれのメリット・デメリットを理解して選択して下さい。
家の内装の多くの部分を占める材料なので、重要な判断となります。
素材だけでなく、色合いも内部のイメージを決める重要な要素となります。

内部の壁の仕上げ

内部に使う壁は、漆喰塗り、クロス貼り、板張り等々、これも様々な素材があります。

漆喰塗りは吸湿性も高く、室内の空気環境を非常に高く保ってくれます。
見た目もきれいで(職人の腕にもよります・・)、これも、予算さえ許せば検討の一つに入れたい素材です。
デメリットは、汚れが落としにくい事、劣化もあり、その際の塗り替えの費用も検討が必要な事かと思います。

内部の壁は面積でいきますと、一番大きな面積を占めます。
それだけに、良い素材を使いたい反面、やり替えまで考えた時の費用も考慮に入れる必要があります。

その点、クロス貼りは、安価ですし、貼り替えも簡単なため、現在一番多く使用されている材料です。
貼り替えが簡単なため、部屋の雰囲気に飽きが来た時、気分転換で貼りかえる事も可能な位、費用的な面でも有効です。
また、汚れも落としやすい面もメリットかと思います。

最近では、吸湿性の高い物や、高耐久性で傷がつきにくいもの(ペット対応の物)、匂いを吸収してくれるもの等、様々に種類が出てきた事で、選択肢が増えております。
それぞれ予算面でも差があります。
良い物は高いですし、クロスはいずれ貼り替えが必要であり、あまりお金の掛け過ぎは禁物です。

少し変わった感じの部屋にしたい場合は、一面の壁だけ違う色のクロスを貼ったりするのも面白いと思います。

←上下貼り分けしたクロス貼

今日は簡単な感じになってしまいました。
内装でも、もっと色々と、ニッチをつけたり、腰板を張ったり等々、おしゃれにする事が出来ます。今度は細かい内装についてもお話したいと思っております。

タイトルへ戻る ↓ クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">