建物の内装(水廻りの床)

以前、書き込みさせて頂いた ”水廻り” のページで少し触れましたが、トイレや洗面所の床にソフトタイルを使った画像をアップいたします。

クッションフロアの耐水性、フローリングの耐久性を併せ持ったものなので、お勧めしたい設備の一つです。
(クッションフロアは経年後、張り替えを覚悟する必要があり、フローリングは水分に弱く、水はねを気にする必要があるためです。)


トイレ

←一階のトイレ床

一階のトイレは床を茶色系のソフトタイルとして、壁紙をカフェ風の柄付のクロスにしてあります。トイレ自体もブラウン系にしてあります。

お客様が来ても使うスペースなので、「オーソドックスに」という考えもありましたが、少し遊び心を入れてみました。
窓にもホームセンターで「カフェカーテン」という名の物を入れてあります。

←上には収納が有ります。

二階のトイレも同じように、床をソフトタイルにしてあります。二階はピンクです。
このタイルの場合、下にマットを引かなくても手入れがしやすいので大丈夫です。


洗面所

洗面所は脱衣所と兼用のケースが多く、トイレより更に水が気になるスペースです。
ここも、床材は注意が必要な場所です。

←洗面所の床

洗面所の床は、青系にして水廻りっぽさを出してみました。
その他、幅木等も部屋とは色を変え、白にしてあります。

ソフトタイルは目地棒を入れるタイプと、素材同士で合決まりではめ込めるタイプが有ります。お好みで良いと思いますが、どちらかというと後者の方がきれいです。
(トイレは後者です。)

少し予算は上がるかもしれませんが、後々のメンテナンスまで考えれば、最終的には安くつくかもしれませんのでお勧めの素材です。

キッチンは大半の間取りがリビングとの仕切りが無いため、見切りが難しいため、フローリングのままでも良いかと思います。

タイトルへ戻る ↓ クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">