ガーデニング(外構)

新築を建てたとなれば、外構工事もやりたいものです。
この分もぜひ資金計画の中に入れておいてください。

でも、自分で出来る部分(DIY)もあります。
予算を抑えて、出来る部分は後から自身で作る事も検討に入れて、考えても良いと思います。
出来る方は、全部でも良いと思います。
ホームセンターでも材料は揃います。

でも、基礎部分だけは、業者にお任せした方が良いです。
自分で敷きレンガ(インターロッキング)をやった方も何件か見ましたが、はっきり言ってしまうと、ガタガタになってます。(悲・・)
また、自分で壁のブロックをやった方も、イマイチ水平が取れていません。(悲・・)
もちろんうまく出来ている方も見ています!

これも一つの「味」と考えれば良いかも知れません。
想い出にもなりますし、自分でやる事の醍醐味も大きいです。

しかし、基礎だけでも業者にやってもらう事をお勧めします。
敷物であれば路盤部分、塀は基礎部分だけでもきっちり出来ていると、最終的な出来栄えが、だいぶ変わります。

最初にこの外構の費用を見込まず、「後で・・」と考える方は、後になっても大半の方はやらないです。
それだけ、「やる必要が無い」と言う事も考えられますし、住宅ローンを組みながら、この費用を捻出するのが難しくなっている状況も考えられます。
どのようにしたいかを明確にして、必要があれば、最初の資金計画に組み込んで下さい。

私の場合も自分でDIYした所と、外構屋に任せた所が有ります。
(ほとんど業者任せですが・・・)

←玄関から見た庭。

この中で、下の天然石貼りやフェンスは、外構屋に造ってもらっています。
天然石は、乱張りのアースクウォーツ(商品名かもしれません)です。
中央のフェンスは鋳物フェンスになっています。
(このフェンス私の注文ですが、出来た時には正直全くいらないと思っていました。が、最近になって私の妻が「洗濯物干すのにちょうどいい」らしいです・・・)

この画像の中で、奥にある建物?は、自転車置き場なのですが、これと右側の芝生の一部は私の作品です。
(DIYについてはまた後程、書き込み致します。)
意外と出来も良く、先日の猛威を振るった台風でも平気でした。

これを、造った事も一つの思い出になっていますし、子供たちへの自慢にもなります。(ちょっと子供達にも手伝ってもらっていますが・・・(笑))
出来る事は、自分でやるのも楽しみの一つです。

その他に、ウッドデッキを造りました。(これはもちろん業者さんです。)
←リウッドを使ったデッキ。

ウッドデッキも最近、流行です。
もしつける場合は、リウッド(樹脂入り)をお勧めいたします。
耐食性に優れているため、時間が経っても、あまり変わりなくいられるのです。
材木を使ってしまうと、どうしても雨にさらされる場所なので、後々腐ります。

後、意外と面白いのが、外水道をデザインチックにする事です。
別に必要性は全くありませんので、立水栓とガーデンパンでもなんら問題ありません。

水栓を二か所付けておくと便利です。なぜかというと、一か所はホースをつなげっぱなしに出来るためです。

←ホース部分の地面が汚れています。

わかりにくいですが、右側にもう一つの水栓が有ります。
(ホースがあるので、掃除がしにくく(面倒くさがって!?)汚れているのは気にしないで下さい・・・)

道路側からは見えない部分に設置しています。
本当は家の軒下に入る位置に付けた方が雨水が入らないので良いとされています。
(軒下以外設置の場合は公共下水に接続できません。これは市町村によって違いがあるかもしれません。自宅では宅内浸透にしてあります。)

こんな感じで、外構(エクステリア)も様々なものが有りますので、少し気にとめておいてください。
好きな方は、ぜひエクステリアセンターに足を運んでみて下さい。

タイトルへ戻る ↓ クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">