和室を造る

最近では、マイホームに和室を設ける事が少なくなってきております。

和室
       

もちろん食生活も欧米化してきたことで、部屋に求める家具も変わりました。
(ちゃぶ台 → ダイニングテーブル 等々)
暖房器具でも、床暖房が普及してきており、洋室中心の部屋づくりが多くなっております。

また、新築を建てる方が、親世帯と別居する事がかなり増えてきております。
大人数での生活が少なくなり、一部屋に布団を何枚も敷いて寝る事も少なく、ベッドでの生活が増えてきております。

そういった背景から、和室の需要が減っているのは間違いなく、現在では、ほとんど和室が取り入れられず、「全くなし」・「あっても1部屋」という住宅が大半です。

でも、結構良いものですよ・・・ という話を今日はしたいと思っています。

1部屋でも和室があると、洋間とは「変わった空間」となるため、気分も変わります。
絨毯を敷かなくても、そのまま寝そべったりできますし、裸足のままで過ごす空間としても有効です。

最近では、部屋として造らずに、リビングの一角に、「畳コーナー」として、スペースを作る方が増えてきております。
張り替え等大変な面もありますが、時々ですし、あまり気にならないと思います。

和室を1部屋として作る場合でも、廊下側は洋間なため、和室の入口の外側は洋風、内側は襖を貼って和風とするのが良いと思います。

←廊下から見た和室の入口

また、和室の窓に「カーテン」が合わないと言う事で、たいがいは「障子」にする事が多いですが、最近では和室に合うカーテンも出てきており検討が必要です。
我が家では両方取り入れました。
掃き出し窓は障子にして、腰高窓はカーテンとしてあります。
和室用のカーテンとして、「プリーツスクリーン」を使いました。

←障子            ←プリーツスクリーン

←プリーツスクリーン(固定FIX窓)

和室が1階にある事が条件ですが、和室では畳に座って過ごす事が多くなるため、腰高窓を通常よりだいぶ下げて付けました。
座って外が見える方が解放感が出ます。

また、和室には「和風な飾り」が良く合います。
床の間を付けた場合は、「掛け軸」等が合います。
また、神棚や仏壇の置き場としても和室は良いです。(我が家には有りませんが・・・

←床の間    ←七福神

また、和室も壁は「クロス」で施工しております。
省令準耐火工法だと石膏ボード・クロスの組み合わせが多くなります。
そのためか、和室用の物も増えてきました。

←天井もクロス貼りです

洋風っぽい和室ですが、居心地は良いですし、畳の匂いなども感じられます。
窓の外も和風にしてあります。

←和室の掃き出し窓の外

濡れ縁と御影石の台をおいて、和室を演出しました。飛び石や白い玉砂利も和風の演出です。
和室の小庭です。(庭園まではできませんでした・・・

こんな感じで、「和室」があると、色々と楽しめます。
友人や、両親が泊まりに来た時は、この和室を使ってもらい、寝る前・寝てる時・起きた時にプライベートが守れるように、ゆっくり過ごしてもらっています。
おもてなしの空間と考えています。(普段は洗濯物たたみ部屋です・・・

タイトルへ戻る ↓ クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">