L,ダイエット中のアルコール(お酒飲んで大丈夫?)

top_photo_drink

(お酒20才からですよ。)

お酒は、おいしいですよね。Still Dreaming
(自分はあまり好きではないのですが、飲み始めると結構、量を飲んでしまいます。)

ダイエット中にもアルコール分は摂取しても大丈夫です。
ただ、せっかくの「糖質制限中」なので、糖質の少ないお酒にしましょう。

日本酒 ・ ビール ・ 梅酒  これらは糖質がいです。
ワイン は糖質なめです。
焼酎 ・ ウイスキー は糖質です。

とは言っても、好きな物を飲んだ方が良いと思います。
ただし、糖質の多いお酒が好きな方は、結構「セーブして」飲んで下さいね。
「糖質が多いという事」を頭に入れておいてください。
糖質の少ないお酒が好きな方も、健康の面からも「セーブする事」をお勧めします。

昔から「百薬の長」と言われている通り、健康面においても活躍してくれます。
まず本当に好きな方は「ストレス解消」に一役買ってくれるものですよね。
仲間とのコミュニケ―ションの場を作る上でも、飲酒は大切ですしね。
その他に「善玉コレステロール」を増加させることで、動脈硬化などの病気を防ぐ役割もあります。
もう一つは、アルコールを飲むと体内で「アセトアルデヒド」となり酢酸に分解され水と炭酸になるのですが、この分解時に「体内の糖質」を消費してくれます。
(もちろん糖質を消費する事で「空腹感」が出てきますけれども・・・)

飲み過ぎは禁物ですが、これらの良い面もありますし、ダイエット中だからと言って「飲んではいけない」というわけではありません。
「適度」なら、やはり「百薬の長」に近い役割をしてくれます。

teiban7-00200

しかし、注意点記憶しておいてほしい内容も書き出し致します。
まず、アルコールを飲むと「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。
このコルチゾールは「筋肉の分解」を促すホルモンです。

せっかく基礎代謝を高くするために付けた筋肉が少しでも落ちてしまうのは、ダイエット中においてはもったいない気がいたします。
もちろんそんなすぐに落ちたりはしないのですが、大量に飲む事が慢性化してしまうと、結構、筋肉が削げ落ちます。
アルコール中毒(アル中)の人って、なんだかガリガリなイメージ有りますよね。
痩せてるというよりも、むしろ「弱々しい体つき」な感じで。
若しくは、只々太っていて、筋肉がなさそうな感じの印象があります。
飲みすぎると、筋力が弱まりますので、やはり適度にして下さい。

もう一つは、食前酒の話です。
先ほど話に出させて頂いた「糖質の消費」の話に戻りますが、アルコールを摂取する事で、糖質が減少し、食べる直前に「空腹感」更にあおってしまいます。
食欲増進の効果があるので、食前酒は少し気を付けて下さい。
更に、脂肪の燃焼を妨げる働き(脂質代謝の減少)もある様なので、ダイエット中は飲み過ぎてはいけません。

「アル中の人みたいに痩せたい」って言う事で「飲んで飲んで痩せよう!」というのは、
絶対にだめですよ!
ダイエットする目的を失わないようにして下さい。
まずは「健康になりたい」人がダイエットしたいわけですし、
「見た目を良くしたい希望」だとしても「健康美」ですよね!?
「ふらふらのガリガリ」では無いわけですよね。

今回の話は、お酒はダイエット中でも適度」なら大丈夫ですが「飲み過ぎ」は厳禁という話でした。

yjimageCA0BKE8Y

あっ、もう一つだけ。
お酒って、夜に飲む事が多いと思いますが(昼から飲んでいるとアル中の気配が・・・)、
「寝る直前の食事はやはり太る」という研究の結果があるようです。
活動中や活動前の食事にする事で、摂った糖質を消費できる機会があるので、脂肪になりにくいのです。
寝ると、脳の活動が減り、体の活動が減る事で、摂取した糖質を使う事が少なくなるので、同じ量の摂取でも、朝や昼に食べた方が良いのです。
夕飯や食後のデザート(”別腹”なんて存在しないので量に注意!!)を食べるのも睡眠の2時間前迄には食べ終わる事をお勧めします。
その為、「まずお酒飲んで、そのあと”おつまみ”でお酒に合わせて、締めでご飯もの食べて、酔っぱらったまますぐに寝る・・・・」というパターンはたくさん難ありですよ。Ugh!
「食前酒」・・・・意識モウロウとしたまま「大量の糖質」を摂って・・・・直後に寝る・・・・・
ダイエットには向かない飲み方なので、やめましょうね!

FavoriteLoading(お気に入りに追加)
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

L,ダイエット中のアルコール(お酒飲んで大丈夫?)」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。