N,ビタミンたちの活躍ぶり。(水溶性ビタミン)

前回、ビタミンについて書き込みした際は、
水溶性ビタミン」脂溶性ビタミン」の大まかな分類のみにいたしました。
(リンク:M,ビタミンってよく大事だ!と聞くけれども。
今回は、ビタミン13種類の効能について記述いたします。
いっぱいあり過ぎて、混乱してしまいますので、
あまり、覚えなくても良いと思います。Ha Ha
なんとなく食べる時に「バランス良くとだけ覚えておいてください。

ただ、それぞれのビタミンが不足した場合に体に起こる現象を書きますので、
もし、現在当てはまっているものがあればそのビタミンを多く摂って、食事の改善をしていきましょうね!

水溶性ビタミン」の種類
b-all

・「B1糖質の代謝を助ける。
不足すると疲労」「食欲不振等の不調
多く含まれる食材」「豆腐」「豚肉」「ウナギ」「昆布」「緑黄色野菜

・「B2脂質の代謝を補助する酵素を助ける。
不足すると目の疲れ」「口角炎等の不調
多く含まれる食材」「牛乳」「チーズ」「レバー」「ウナギ」「納豆」「緑黄色野菜

・「B6タンパク質の代謝を補助する酵素を助ける。
不足すると情緒不安定」「口内炎」「痙攣」「貧血等の不調
多く含まれる食材」「」「」「豆類

・「B12酸素を運ぶ赤血球の生成、末梢神経の修復
不足すると吐き気」「めまい等の不調
多く含まれる食材」「牛乳」「チーズ」「レバー」「貝類

・「コラーゲンの合成  (一番よく耳にするビタミンですね!)
不足すると肌荒れ」「疲労」「免疫力の低下等の不調
多く含まれる食材果物類」「ジャガイモ」「緑黄色野菜

・「ナイアシン3大栄養素の代謝、アルコールの分解
不足すると肌荒れ」「皮膚炎」「下痢」「食欲不振等の不調
多く含まれる食材」「」「シイタケ」「のり

・「ビオチン脂肪酸やアミノ酸の代謝を助ける。神経の機能を保つ。
不足すると湿疹」「不眠」「脱毛症等の不調
多く含まれる食材いわし」「レバー」「豆類(大豆・ナッツ)」「牛乳

・「葉酸赤血球の生成
不足すると細胞の発達不足」「悪性の貧血等の不調
多く含まれる食材牛乳」「」「レバー」「緑黄色野菜
(※妊婦が不足しやすいビタミンです。)

・「パントテン酸脂肪酸の代謝、コレステロール量を保つ副腎皮質ホルモンの合成促進。
不足すると筋肉痛」「手足しびれ」「消化器炎」「疲労等の不調
多く含まれる食材」「レバー」「豆類(大豆・ナッツ)」「」「納豆

170318031903

これらの「水溶性ビタミン」は、体内での保存がきかないので
なるべく毎日の食事の中で摂取して下さいね。
気になる症状が既にある場合には、病院へ行かなくて済むように、普段の食事で改善してみて下さいね。(ひどい時には医師に相談が一番です。)
食事は自身の体を作る大きな要素ですから、常に気にして下さいね!
いずれも糖質制限では、制限しない食材なので、(根菜類・玄米類はちょい注意)
是非、摂取して下さい。

FavoriteLoading(お気に入りに追加)
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る