S,老化しにくい体づくり

kareitorouka

「人体ってなんで「老化」していくのだろう?」
なんて、考えたことはありませんか?
この世に生まれてきて、やがて死を迎える中で段々と年老いていきます。
当たり前の現象なんですが、意外と不思議な物です。

人や動物以外にも生命のあるものは、進化と衰退・絶滅を繰り返し、やがて淘汰され、今の生態に至っています。
その時代や気候等の全ての条件に合った、生きる力の強い物が生き残り、その他の物は絶滅の危機に瀕していく・・・これが大雑把に言うと世界の成り立ちです。
そんな中、強い遺伝子が引き継がれ今の時代を生きている私たちは、体格や能力に、より優れた存在なんですね。Ha Ha
(この事には多くの人が自信を持って良い事と思いますよ!
その力を持った人達が経験や学びから多くの知識を付けて、少しづつ大人になっていき、より良い考えと発想を持った人間に成長していく訳です。
老化さえなければ成長はとめどなく続くのでは?なんて考えると進化の中に「老化」はいらない気がしますよね。
一説には、遺伝子の中に「老化」が組み込まれているとされています。
たぶん、そうなんだろうとは思いますね。
だけど、それだけではなさそうな気がしています。
「医療の発展」や「衛生面の向上」・「平和」によって今、長寿の時代を迎えています。
昔(特別、時代の特定はしませんが・・)の人なんかは、寿命が短かった人が多いですし、平均で40年・50年の生涯でもあったわけですよね。遺伝子だけで急に変われる訳もないので、生き方、生活の仕方でも、十分に寿命を延ばすことが出来るはずです。
「進化」を遺伝子だけで繋ぐ必要はなさそうです。

医療面・衛生面・世界平和以外にも「生活の仕方」の発展が考えられます。
この「生活の仕方」を、より整えて、なるべく「老化」を防いで若さを保ち、人としての成長を続けていきましょうよ。
「人間は必ず老化していくものだ!」と思ってしまうとやりがいが無くなってしまうので「出来るだけ防ぐ」を目標に考えてみましょうね!

・・・・と前置きが長くなりましたが、このページでは老化しにくい体づくりについて簡単に話をしていきたいと思います。

ダイエットとも大きくつながりがあります。
以前のページでも書き出したメタボリック症候群も老化の一つの原因とされています。
老化の主な原因(遺伝子以外の要因として・・・)は体の「酸化」「糖化」「ホルモン不足と考えられています。

まずは酸化ですが、体の中性化を図る事で防ぐことが出来ます。
鉄等の金属もそうですが、酸化は錆をもたらします。
鉄筋コンクリート造りの住宅や、建物の基礎にも鉄筋が入っておりますがこれらの鉄筋も酸化により錆が出ます。コンクリートによってある程度中性化を図っておりますが、年数の経過によって、錆が出て建物の寿命を短くしてしまいます。
(建物の仕事をしているので、ちょっと似ているなぁ・・・なんて思って書き込んでしまいましたが、人体とは別物ですね!!・・・ごめんなさい・・・。)
人体で「酸化」を防ぐ為には、近道は野菜の摂取と言われています。
特に「コエンザイムQ10」「ベータカロチン」「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」辺りの摂取を多めにする事が望ましいです。(サプリメントの摂取でも可能ですよ。)

糖化とは、タンパク質に糖分がつくと「糖化蛋白」となり、糖化が始まります。
糖化が始まると生理的機能がおちて、コラーゲン繊維の老化が徐々に進行していきます。
気を付けたい食物は、もちろん「砂糖」等の強力な糖分です。
炭酸飲料などのジュース類は摂り過ぎてしまいがちな方も多く、気を付けなければなりません。
食べ物の場合は「甘いもの食べ過ぎた」と思う事は良くありますが、飲み物は「まぁ大丈夫だろう」と思われがちなので、飲み過ぎに注意ですよ。Baffle(糖分(果糖)がかなり入っているものが多いですね。)
防ぎ方としては、運動も重要な方法です。
特に有酸素運動をする事で、筋肉が糖分を必要とし利用してくれるので、糖が溜まりにくくなります。
ウォーキングなどの軽めの運動を長くつづける事でも十分なので、少し意識して体を動かしてみるのが望ましいと思います。

ホルモン不足特に成長ホルモンが不足する事で、老化が進行します。
自身の脳下垂体で生成される「成長ホルモン」は「脂肪の分解」「内臓脂肪の減少」「コレステロール値の調整(最適化)」も促してくれるので、ダイエットにも欠かせない重要なホルモンです。
また「タンパク質の合成」の役割もあり、成長ホルモンが減少する事で、筋肉量も減り、基礎代謝も減少していきます。
成長ホルモンの減少を防ぐ為にも運動が重要です。
その他に睡眠をしっかりとる事やストレスを溜めないように、楽しく気楽に過ごす事が大切になります。
仕事していると「気楽に・・・なんて無理だ!」と思われるかもしれませんが、どこかで息抜きは必要ですし、休みの日が忙しくても「頭の中は気楽」でいる事はできると思いますよ。

これらの3つの要素を出来るだけ防ぎ、老化しにくい体作りをしていきましょう。
このブログでもそのお手伝いが出来る事を望んでいます。
このページの内容を読んで頂けたのでわかると思いますが、もちろん老化を防ぐ事ダイエットの習慣を身に付ける事はやるべき事が似ているので、同時進行で可能な話です。Ha Ha
糖質制限はダイエット(減量)以外にも、体に良い事が多いです。
ただし「糖質制限やり過ぎ」だけには注意して下さい。なんでも適度やバランスが重要な要素となりますよ。

FavoriteLoading(お気に入りに追加)
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

S,老化しにくい体づくり」への1件のフィードバック

  1. はじめましてナオキです。
    ブログを拝見させていただきました。
    老化しにくい体作りについての記事が
    とても参考になりました。
    早速私も実践させていただきます。
    あと、私のブログにもダイエットに
    役立つ情報を公開しておりますので
    一度見に来て下さいネ。
    それではありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。

コメントは停止中です。